全件表示TopRSSAdmin
今月の自分
写真、始めました。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
Aphex Twin
2007 / 01 / 19 ( Fri )
Aphex Twin
本名リチャード・D・ジェームス。1971年生まれ。

・・・エイフェックス・ツインは数々の奇行、虚言癖の持ち主としてもよく知られる。もっとも、彼を奇人扱いするマスメディアを逆手に取ったようなものも数多くあり、現在では信憑性に疑問を持たれるものも多い。以下、代表的なエピソードを記す。

・16歳まで自分の作曲した音楽しか聴いたことがなかった。

・自作の楽器のみを使用。ライブにも自作機材を持ち込み、機材が故障したらライブ終了。

・アメリカのSireレーベルと数億円と言われる巨額の契約金でサイン。その契約金で戦車(実際は装甲車)を購入。

・多くの楽曲のリミックスを行っているが、嫌いな曲しか引き受けない。クソみたいな曲を少しでも減らしたいからというのがその理由である。また、あまりにも原曲とかけ離れた仕上がりになるものが多く、実際にリミックスをしているかという点にも疑問を持たれ、未発表曲を渡しているだけではないか?とも言われている。

・ビョークにテレビの砂嵐の楽しみ方を教える。

・ライブで自分のCDをそのままかける。

・1997年の第一回フジ・ロック・フェスティバルにて来日。ステージ上に犬小屋を設置し、終始その中で演奏する。

・1998年、恵比寿ガーデンホールで行われたRephlex Nightにて来日。ステージ上には一度も姿を見せず、終始舞台裏でDJを行う。

・1999年発表のWindowlickerをスペクトラムアナライザに通すと、悪魔のような顔が浮かび上がる。しかしこれは悪魔ではなく、リチャード本人の顔画像である。

・多作家で毎年のようにアルバムをリリースしていたが、「死ぬまでアルバムは発表しない」と発言し、実際に作品のリリースが極端に減った。結局2001年に二枚組の大作Drukqsを発表したが、その理由は「自分とSquarepusherの未発表曲が何百曲も入ったMP3プレイヤーを紛失してしまったから」である。

・イギリスの音楽機材雑誌「Future Music」にて行われたWagon Christ(Luke Vibert)のリミックスコンテストにて、Tahnaiya Russellなる謎の人物が優勝。Lukeが「これはダントツ!最高のAcidラインだよ!」と語るそのリミックスの作者は、実はRichard D. Jamesだった


Wikipediaより引用。

なんて面白い人なんだ!!ただの馬鹿じゃないか!
恵比寿ガーデンホールでのライブなんか世の中の全アーティストが度肝抜かすくらいのビックリだよ!(笑)


ところで僕の買ったアルバムは「Drukqs」ってやつです。Wikipediaからの引用が面白い上に、長くなってしまったのでレビューは次の記事で。


ホントこの人愉快だなぁ(笑)
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

21 : 44 : 30 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Drukqs | ホーム | 昔日の殴られし憎悪を死に逝く男に語る女>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://brutaltruth.blog66.fc2.com/tb.php/534-1b642e2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。