全件表示TopRSSAdmin
今月の自分
写真、始めました。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
人がどうとか愚痴る坊や
2006 / 10 / 23 ( Mon )
Wikipediaって凄い。
ツンデレの誤用の表記は感動した。

別に感動するポイントじゃないけどね。



「二人きりの時にはデレになるが学校や職場などではデレにならないと言うのは分別ある人間として当然の行為であり、これはツンデレとは言えない。ツンデレはあくまでも二人の人間関係だけで成り立つ物であり、世間の目など外部要因で態度が変わることは含まない。

友人関係の間はデレないが、交友が深まるにつれてなだらかにデレになっていくと言うのも普通の恋愛過程である。ツンデレの場合は気持ちがプラス(デレ)かマイナス(ツン)かと言うだけで、相手に向ける気持ちの量は最初から最後まで一定である。しかし一般的な恋愛は初対面では少なく親しくなるにつれ相手に向けるエネルギーが多くなる。これは「デレた」とは言えてもツンデレとは言えない。  他にもツンデレと普通の恋愛の違いとして、ツンからデレに移行するときの落差や期間はかなり急でありツン状態やデレ状態が第三者や視聴者に容易に分かることが必要である。

メディアなどではツンの部分が特に誤解されやすい。自立した人であるとかこだわりを持った人、クールな人などと全く違うものをツンとして紹介されることが多く注意が必要である。」

『デレない』だってさ!この表現に感動!!

そもそもツンデレって何よ?という人で、かつWikipediaで調べるのが面倒くさいという人と、自分のメモ用に下にコピペしたので参考までにどうぞ。



いわゆる萌えの対象となる女性キャラの「他人の目のあるところでは他人行儀でツンツンしているが、2人っきり(他人の目が無い状態)になると恋人(もしくは親しい者)同士の甘えが出てデレデレする」性格、またそうした女性キャラとの恋愛を指して使われるが、定義が拡大されてきており現在は非常に幅広い範囲を指す言葉になっている。

一例として男性キャラにも使われたり、また恋愛のみを指すのではなく少年漫画のライバルキャラなど「友情や信頼関係」に対しても使われたり、また従来の「一人の人間に対する『ツン』と『デレ』の性格変化」だけでなく「通常の他者に対しては『ツンツン』だが主人公(恋人)に対してのみ『デレデレ』となる(この場合、他者の目の存在はあまり重要視されない)性格」を指す言葉として使われたりするなどのケースもある。

萌え属性としての定義は曖昧で、個人の嗜好が重視されている。 例えばツンデレとは態度が変化した「瞬間」を指すのか、それとも態度が変化する「過程」を指すのか、あるいはその女性「個人」や女性との「交際」を指すのか、もしくはそれらの複合なのかなど不明瞭な点も多い。より古い解釈として「過程」が源流と見なされる傾向がある。 また何をもって「ツン」あるいは「デレ」とするか、したがってどこからをツンデレとするかの線引きなども個々の場合に委ねられ、オタク層でも認識の分かれるところである。

なお留意点として、解釈の仕様によっては昔には良くあった「典型的」な「素直になれない」女の子心理等も含みかねない為、「ツン」にしろ「デレ」にしろ注意が必要である。

いずれにせよ「不器用な好意」「障壁のある愛」を表す点で共通し、心理学でいうところの反動形成のようなものとも考えられる。



女性ツンデレキャラ:武装錬金のトキコさん、もののけ姫のサン

男性ツンデレキャラ:『斬』の貫木君、『バキ』の烈海王
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ - カテゴリー:FEELING

22 : 00 : 00 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<秘密にしていること | ホーム | 悪酔い>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://brutaltruth.blog66.fc2.com/tb.php/429-8e718fbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。