全件表示TopRSSAdmin
今月の自分
写真、始めました。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
ロリィタ
2006 / 09 / 09 ( Sat )
真面目な真面目に映画の真面目な話です。

スタンリー・キューブリックの「ロリータ」を観たんです。
各人の心の揺れ動きが凄まじすぎるので、観てるとたまについていけなくなります。特にハンバートと、ロリータの逃避行開始のところはわかんない。

劇が終わってから二人は喧嘩するんだけど、どうして「あなたなんて大嫌い!」と叫んだロリータが「いいわ、どこへでも行きましょ」なんて言ったのか。
クィルティと電話してて、そういう指示みたいのを受けたのかな。


最後にハンバートが、家庭まで持っちゃって妊娠したロリータと会って、小切手を置いていくのにはグッときました。
すげぇぜハンバート。最愛の娘であり恋人が、どこの馬の骨とも知れぬ男と借金で首が回らない生活をしてて、その援助までしてしまうなんて・・・


合計153分だったかな?すっげぇダルイ映画でした。
シャーロットが事故で死んでから、ハンバートがお風呂に入ってるシーンは何かキューブリックだなぁって感じだった。
シャーロットを殺すために持っていた拳銃が着替えの上に置いてあって、その拳銃を見た何だか夫妻(ジーンだったかな?)が「自殺なんかしちゃダメよ」って説得するシーン。


あー文書くの下手になったなぁー
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 - カテゴリー:MOVIE

10 : 27 : 37 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<職業バトン | ホーム | 久しぶりに自分が好きだと思った>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://brutaltruth.blog66.fc2.com/tb.php/341-ca625ec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。