全件表示TopRSSAdmin
今月の自分
写真、始めました。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
読書感想文
2006 / 08 / 15 ( Tue )
夢野久作「少女地獄」角川文庫より出版


を読んだわけですが、夢野久作の書く話を読むといつも思うんですよ


美少女は死ぬのね・・・


と。
この「少女地獄」は表題作含め四編が収められてるんですが、少女地獄以外の三編の感想はまぁ追々。



あらすじを読む限り、姫草ユリ子の話かなぁと思ってたら他にも主人公が出てきてました。
3人の少女がそれぞれ地獄ってました。嘘と信頼が無量無辺に積み重なった、もの凄い因縁の話ですわ。

ただなんでユリ子は自殺したんだろ?ユリ子に縁があった人の(臼杵先生が)書いた書簡形式だから、肝心の動機のトコロが推測しかされてないんですよ。
確か「彼女は、彼女の最後の嘘をなんたらするために自殺したのです」と言う件があった。
この姫草ユリ子という少女は病的な虚言癖の持ち主で、臼杵先生(物語で一人称を名乗ってる人)やその家族を散々騙してるんです。
まぁ可愛い嘘だって言って、皆も重要視してなかったけど。


それから自殺までの流れがわかんねぇです。もう一回読まなきゃダメかな?
文体は芸術的なまでに美しく構築されてんだけど、読んでて疲れるんですよね。
展開がプログレッシブだから、一旦追いつけなくなると加速度的に置いて行かれる。

別の短編集に入ってた「一足先に」って話は凄い面白かったです。夢野先生得意の展開って感じ。


お盆休みも済んで、夏休みも佳境に入ったんで、僕は残り少ない時間をゆっくりと過ごすためにのんびり読書します。
ブログの方も書きたいことも段々浮かんできたんで、気の向く限り書いてきます。




誰に言うでもなく私信
僕が昔居たDUOBLOGってブログサービスやってるとこ、今大変ですね。
この際移転したら如何ですか?なんて薦めてみる。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌 - カテゴリー:NOVEL

17 : 35 : 49 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<NAZI | ホーム | 終戦記念日>>
コメント
--移転しました--

こんばんは~っす。

お薦めに従いこの度ブログ移転しました。
名前が若干変わってたりまだ試運転なんで狂ったテンプレ使ってますが、今後もよろしくです。
by: コディ * - * URL * 2006/08/16 * 22:01 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://brutaltruth.blog66.fc2.com/tb.php/270-99f87127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。