全件表示TopRSSAdmin
今月の自分
写真、始めました。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
Last Days Of Humanity...
2006 / 06 / 30 ( Fri )
K-1を見ていたら、魔裟斗のニヤケ面に腹立った。あと小比類巻との試合前のインタビューみたいのにも。
凡な欲しか持たないんだね彼も。


ここ一週間くらい目と鼻が痒くて、辛いです。初夏にかふんしょおですかね・・・?
何らかのアレルギーでしょうけど、取り敢えずブルータルな曲を聴いて気を紛らわしてみる。
そんな今のチョイスは、オランダのゴアグラインドLast Days Of Humanity「HYMNS OF INDIGESTIBLE SUPPURATION」
記念すべき19歳の誕生日にセルフバースデープレゼントに買ったCD。
ついでに言うと、ディスクヘルの通販で買いました。
ジャケは脳味噌ポロリの銃殺死体です。前頭部が吹っ飛んでます。
んでジャケの右斜め下半分が血の海。
ま、そんなに酷いもんじゃないです。子供の死体に比べれば、なんてことないです、となんごとなきに言えてしまう自分も相当シックです。


このLDOHですが、あんまり聞いたことの無いゴアグラインドの中で、最高峰にかっこいいです。
ノイジィでもの凄い音圧のギター、ボトムを支えるベース、この弦楽隊はすげぇ好みです。
ホント僕の好きなポイントを押さえてる。
そしてドラム。ノリのいい軽快なパートを叩きつつも、スコココってもんのすげぇ速いブラストを叩きます。
シンバルもあのシャッフルだっけ?シャンシャァンって鳴る奴、あれを多用してます。
シャンデリアとか複雑で繊細なガラス細工が粉砕されるような音で気持ち良いです。
多少モタつくところもあるけどそんなに気にならないです。
スローパートとファストパートの展開は正統的なゴアグラインド流。
CARCASSから伝わる美しき血ですね。


そしてのそして、一番の聴き所はヴォーカルです。
デスヴォイスなんて何のその、高音喚き、低音咆哮、ガテラル、グロウル、どれもLDOHのVoの前には霞んでしまいます。
どんな便所もこの声より綺麗な音ですよ。
文字表記も不可能。例えるなら、ライオンが歌ってます。威嚇するような声で。
もしくはファンタジーに出てくるような怪物が、溺れて死ぬ時の断末魔のような声。

どんなエフェクト使ってるんですかね・・・何処かでエフェクト使ってないって噂聞いたことあるけど、流石に信じられないです。
これエフェクト使ってないなら、VoのBART BOUWMANSは喉の奇形です。


全23曲で人間性とおさらばしちゃう34分間です。死体ジャケがCD棚に並んでもオッケーって人はどうぞ。
何回レビューしても楽しい。ホント大好きLast Days Of Humanity
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:ロック・メタル - ジャンル:音楽 - カテゴリー:MUSIC

23 : 06 : 21 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アルゼンチン対ドイツ | ホーム | フルメタルジャケット>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://brutaltruth.blog66.fc2.com/tb.php/130-8d02f07b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。