全件表示TopRSSAdmin
今月の自分
写真、始めました。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
ジョジョで一番好きな巻
2006 / 06 / 24 ( Sat )
ヴァニラ・アイスも倒して、いよいよディオとの最終決戦って流れのジョジョの奇妙な冒険第27巻。
第3部で一番好きな巻です。
27巻は「緊張感」が半端なく凄い。まずポルナレフの「ザ・ワールドの体験」

階段を登ろうとしたら階段を降りていた。
「催眠術や超スピードなんてチャチなもんじゃあ断じてねぇ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ」
このセリフを初めて読んだときは胸がドキドキしましたよ。その前のディオの脅し文句、安心を強要させる言葉もドキドキした。
人を屈服させるのに様々なパターンを持っているディオはやっぱりディオ様なんだなぁー

そして数ページ後の「ヌケサクがディオ様の棺桶を開ける」シーン。
これもすげぇ!
ヌケサクの言い訳もすげぇセンス「わたしはあなた様をうらぎったわけではありません???(中略)??風の強い時にションベンをしたらズボンにかかるってくらい確信してます???」
荒木先生お得意の喩え話。
それから棺桶を開けたヌケサクは棺桶の中で殺されてるんです。

すんげぇ緊張感でしょっ!!


次にディオ様とウィルソン・フィリップ上院議員の最高のドライブもありますしね。
ディオ様の「歩道が広いではないか。行け」ってセリフは伝説的。
僕的にはフィリップス上院議員の「これだけやったんだから生かしてくれますよねぇぇっっ!!?」って命乞いに
「ダメだ」と返すディオ様が大好きです。マジリスペクト。

そして僕がこの27巻で一番印象に残って、大好きなシーン。
花京院が殺されるシーンです。
ハイエロファント・グリーンの結界を敷いていくモノローグ、これ感動的ね。
下にずらずらと書いといたから暇だったら読んでみてください。
花京院典明は自分のこの「法皇の緑」を見る時いつも思いだす。

小学校教師「花京院さん、お宅の典明くんは友達をまったく作ろうとしません。そう嫌われているというよりまったく人とうちとけないのです。担任教師としてとても心配です」

母「それが…恥ずかしいことですが…親であるわたしにも…何が原因なのか…」

子供の時から思っていた。町に住んでいるとそれはたくさんの人と出会う。しかし、普通の人たちは一生で真に気持ちがかよい合う人がいったい何人いるだろうか・・・?
小学校の○○くんのアドレス帳は友人の名前と電話番号でいっぱいだ。
50人ぐらいはいるだろうか?100人ぐらいだろうか?
母には父がいる。父には母がいる。
自分はちがう。
TVに出ている人とかロックスターはきっと何万人といるだろうな。
自分はちがう。

「自分にはきっと一生誰ひとりとしてあらわれないだろう」
「なぜなら この『法皇の緑』が見える友達は誰もいないのだから・・・見える人間と真に気持ちがかようはずがない」
ジョースターさん 承太郎 ポルナレフ アブドゥルに出会うまでずっとそう思っていた。アヴドゥルとイギーのことを考えると背中に鳥肌が立つのはなぜだろう。
それは、目的が一致した初めての仲間だったからだ。DIOを倒すというこの旅!数十日の間だったが気持ちが通い合っていた仲間だったからだ。

花京院典明は「法皇の緑」を見て考える!
こいつを昔のように誰にも気づかせなくしてやる。
そう!DIOの正体をあばき倒すために完璧に気配を消してやろう。



この後花京院は命と引き換えにザ・ワールドの「時を止める」能力に気付く。
何か上のモノローグを書き写してたら涙がうっすらと出てきた。
真に気持ちが通い合う人、そういう人が僕には居ないってことが切なく感じた。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック - カテゴリー:COMIC

14 : 44 : 28 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<傲慢魔法使いガンダルフ | ホーム | 惚気>>
コメント
----

オレは?(笑
by: MISS * - * URL * 2006/06/25 * 21:11 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://brutaltruth.blog66.fc2.com/tb.php/108-aa96edbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。